株式会社松尾材木店 | 佐賀県 | 多久市 | 杭丸太・型枠用合板・桟木 | 土木用仮設材一式・ 建築用資材一式 |販売

qrcode.png
http://matsuozaimokuten.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社
松尾材木店

〒846-0031
佐賀県多久市多久町2888番地
TEL.0952-74-3511
FAX.0952-74-3583
e-mail:
k-matuo@extra.ocn.ne.jp

──────────────
─────────────

 
034682
 
 
   
 
                                                     
 
            社長コラム 
 
                   平成30年10月1日
 
   
 
      今年の夏、日本の最高気温が今迄の記録を更
 
     新して、(H30.7.23)埼玉県熊谷市で41.1度と
 
     なったが。
 
 
     環境省がウェブサイトで公開している温暖化
 
     対策が進まなかった場合の『2100年の天気予報』
 
     では、東京44度、札幌41度となり、気温上昇で
 
     大気中の水蒸気量が増えて大雨が発生しやすく、
 
     局地的な豪雨や川の氾濫,崖崩れが多発してい
 
     くと発表しているが、既に日本では昨年,今年
 
     と発生しているのである。
 
                           
     温暖化を食い止めるには脱炭素が喫緊の課題
 
     であるが、2015年のパリ革命(21世紀末CO2
 
     排出量ゼロ)を如何にして全世界が実現してい
 
     くかにかかっている。
 
                    
     昨年(H29.12.17)のNHKテレビ放映内容
 
     から列記すると、
 
      ◎世界の企業は脱炭素化へ舵を切った。
 
      ◎モルガン銀行は2025年迄に22兆円を投資する。
 
      ◎中国も深刻な大気汚染からエコ文明を目指す。
 
      ◎日本では「リコー」が環境対策のトップランナーである。
 
            ↓↓
 
      ※ 世界ビジネスのルールが大きく変わろう
 
       としている現実。そして想像を遥かに超え
 
       て脱炭素社会は進んでいる。・・・・・と
 
       結んでいたが、
 
 
     地球上の人類がいつまでも安心して居住でき 
 
     る様に、人類の英知を振り絞って、地球環境を
 
     守り続けてほしいと強く思っている。
 
 
       “今年の夏は本当に暑かった。”
             
                                  
                                                    
 
 
       
<<株式会社 松尾材木店>> 〒846-0031 佐賀県多久市多久町2888番地 TEL:0952-74-3511 FAX:0952-74-3583