株式会社松尾材木店 | 佐賀県 | 多久市 | 杭丸太・型枠用合板・桟木 | 土木用仮設材一式・ 建築用資材一式 |販売

qrcode.png
http://matsuozaimokuten.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社
松尾材木店

〒846-0031
佐賀県多久市多久町2888番地
TEL.0952-74-3511
FAX.0952-74-3583
e-mail:
k-matuo@extra.ocn.ne.jp

──────────────
─────────────

 
037022
 
 
   
 
 
               ☆ 社長コラム ☆彡
                                                                  
                                                             令和2年2月1日
 
 
      ◆ “トヨタ”は昨年11月、昨年9月の中間連結決算
 
       で売上高15.3兆円,純利益1.3兆円と、日本の
 
       トップ水準で過去最高の中間決算発表を行っ
 
       たが。
 
 
      ◇ 今年に入って1月7日、同社長から富士山が一望
 
       できる静岡県裾野市に、社員ら2000人が居住できる
 
       自動運転・AI活用の実証都市『コネクティッド・シティ』、
 
       所謂、先端技術都市を建設すると発表あり、2021年に
 
       着工される予定である。
 
       完全な未来都市の実現である。
 
 
      ◆ “トヨタ”と言えば、明治の終わり、豊田佐吉が「豊田
 
       自動織機製作所」を設立した時点でトヨタ企業グルー
 
       プの基礎が固まったと言われているが、110年の歳月
 
       でここまで進化してきた訳で、私には驚嘆の域を超越
 
       した次元である。
 
 
      ◇ 然し、私は我が社に足を踏み入れて12年を経過し
 
       たが、常に“トヨタ”の経営哲学を崇拝し、座右の銘と
 
       してその動きに高い関心を寄せて生きてきた人間で
 
       ある。
 
 
      ◆ その一端を覗かせてもらえれば、“トヨタ”のカンバン
 
       方式、我が社が会社再建に着手した時点から
 
       「在庫<1カ月の売上高」を確実に維持してきており、
 
       これからも様々な動きの中で、“トヨタ”の経営哲学を
 
       取り入れていこうと思っている。
 
 
 
       
<<株式会社 松尾材木店>> 〒846-0031 佐賀県多久市多久町2888番地 TEL:0952-74-3511 FAX:0952-74-3583